介護の仕事で、キャリアアップと自分磨き

介護の仕事をしながら、キャリアアップと自分磨きをするには介護職員としてのレベルを上げるのはもちろんの事、これから自分が何を目指していくかによって目標が変わってくるものです。

介護福祉士やケアマネージャー、社会福祉士などの資格取得を目指していくのか、会社の管理者を目指していくのかによっても、しなければならない事が変わってきます。資格取得を目指すなら、仕事と勉強をしていかなければなりません。

また、介護保険法や障害者総合支援方などの法律も一から覚えていかなくてはなりません。正社員ならば、事務所や施設の職務を優先して勉強をこなしていく必要があります。いずれにしても、無理のないプランで何年後にはこうなりたいと生活設計を立てる必要があるでしょう。

管理者を目指していくなら、今の会社の事をもっと深く知り、利用者に喜ばれるには何をしていけば良いのか、利用者と信頼関係を結ぶにはどうすれば良いのかを勉強して部下であったり、時には上司にも伝えていかなければなりません。

仕事は自分一人でするものではなく、会社全員で様々な情報を共有していかなければならないのです。その為には会社の皆から信頼を得て、皆についてきてもらうにはどうすれば良いのか、自分に足りないものを追求していく事が大切です。
キャリアアップを考えて介護の仕事に活かせる自分磨きをする事は大変ではありますが、それができるからこそ介護の世界だけではなくどこへ行っても通用する人間になれると思われるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です